琵琶湖で初ブラックバス釣り 体験記

スポンサーリンク

今回は初めてブラックバス釣りに挑戦した体験記を書かせてもらいます。

今まで釣りはイワナやアマゴなどの渓流釣りを中心にやってきたのですが、琵琶湖沿岸沿いのキャンプを何度もやっていくうちに、せっかく琵琶湖に来てるんだから釣りもしてみたい!という思いが湧いてきました。

そして琵琶湖と言えばやはりバス釣りですよね。

ただバス釣りと言っても何も知識がない自分ですので、どのような道具を用意したら良いか全く分かりませんでした。

かといって、インターネットや本などで調べることも億劫に感じてしまいます。

そんな自分がどのようにバス釣りを成功させたかを紹介します。

手っ取り早くショップに行く

何も分からない状態だけど、すぐにバス釣りをしてみたい!

そんな状況であれば手っ取り早くショップに行って聴く、それが一番ではないでしょうか?

ショップ選びは重要ですが、東海圏を中心に展開していてネットでの評価も高かったイシグロに相談に行きました。

店員さんはとても親切で、専門的で分かりやすく説明してくださいました。

まずは竿選び。

バス釣りの竿は、リール竿が中心ですがリールにも2種類あるとのことです。

初心者向けで汎用されているがのが

スピニングリールです。

よく見かけるリールですね。扱いもしやすく初心者向けのリールだそうです。

そして、より狙いを定めたキャストを出来るリールが

ベイトリールです。

スピニングリールがキャスト時に両手を使わないと行けないのに対してベイトリールは片手だけで操作が可能です。

さらに親指を使った距離をコントロールできるため狙った場所へルアーを届けることができます。

ただ操作を間違うとバッククラッシュという糸が絡まってしまう事があるため初心者には向かないとのことでした。

もちろん、自分が購入したのはスピニングリールです。

つづいて、ルアー選びです。

バス釣りのルアーとしては大きく分けてハードタイプとソフトタイプ(ワーム)に分けられます。

そしてそれぞれ多種多様のものがあり、初心者が選ぶとしても訳が分からずとても選べません。

ショップの店員さんの話ではソフトルアー(ワーム)は技術が必要で確実にブラックバスがいるポイントに届けれないと難しいとのことでした。

初心者としてはハードルアーの方が投げては巻くだけなので簡単とのことでした。

また、ルアーは浮きやおもりなど調整が必要なく、ラインに繋いで投げるだけなのでシンプルです。

おすすめされたのが小ぶりなルアーであるスピナーと言われるものです。

小ぶりであるため生態系を考えても小ぶりなバスから大物のバスまで幅広く適応出来るとのことです。

店員さんの詳しい説明を聞いて購入したのが

4000円ぐらいの超入門の釣り竿と800円のルアーです。

ルアー、かわいいですね。

長浜湖にて初のブラックバス釣り

バス釣りデビューとして、滋賀県長浜市にある琵琶湖に面した長浜港を選びました。

ネットでの調べでは赤く塗った場所がバス釣りスポットとの事でしたのでその場所で挑戦することにしました。

場内には50台ほど駐めれる無料の駐車場があるのですが10月の日曜日午前10時に行ったときにはすでに満車でした。

釣り場としてはこんな感じです。

非常に広々としていて、さほど混み合っていなかったので場所取りは簡単でした。

少し離れた所ですがトイレもあります。

いよいよ初投げ、しかし。

そんなわけで早速ルアーをラインに繋ぎスタート。

ルアーとラインの結び方も多種多様あるのですが、最も簡単そうなクリンチノットを選択。

やってみたら簡単です。それでいて強度もでるとのこと。

いざキャスティング。

ところがです。いきなり大失敗を起してしまいました。

キャスティングしたあとしばらく様子を見てから巻き取りを始めたのですが、いきなりルアーが何かにひっかかってしまったのです(≧◇≦)

上に竿を上げたり横に竿を上げたりしたのですがびくともせず、泣く泣く糸を切るはめに😂

800円もしたルアーが一瞬にしてお陀仏になってしまいました。

それを見ていた通りがかりのおそらくベテランの釣り人が、キャスティングしたあとはすぐにリールを巻き取らないとルアーが沈んでしまって湖底の藻に引っかかるから、すぐに巻いた方がいい、と教えてくれました。

なんと親切な人。

いきなりの大きな失敗でしたが、アドバイスのお陰でその後はルアーをなくすことはありませんでした。

ただ、なかなか釣れない。

開始から1時間ぐらい投げては巻くを繰り返したのですが、まったく当たりがない。

さすがに嫌になってお昼休憩。

穏やかな晴れの日に琵琶湖を眺めながらおにぎりを食べる幸せ。

お腹も満たされ、気持ちもリセットされたのでいざ再トライ。

するとなんと数回のチャレンジでヒットしたのです✨

何が良かったのかはっきり言って分からないのですが、おそらくたまたまだったんでしょう。

そんなものです。

小ぶりですが、初のブラックバスちゃんです。

感動😆

かなりルアーを食い込んでいたので取るのに苦労しましたが、初ブラックバスちゃん。

滋賀県の条例でリリース禁止になっているのでかわいそうですが、そのまま回収ボックに入れることになりますが、初めて釣らせてくれてありがとう。感謝、感謝。

ちなみに長浜港には先端に回収ボックスが設定されていました。

中を見るとブラックバス以外に空きかだの色んなゴミが入っていたのは残念でした。

そんな訳で初のブラックバス釣りでしたが、見事1匹ゲットすることが出来ました。

周りの釣り人の方を見てもそれほど釣れている感じではなかったので、おそらくバス釣りはなかなか釣れないものなのかもしれません。

たかだか1匹でしたが、何も釣れなかった事を思うと1匹釣らせてもらえたことが如何に有り難いことか。

本当に食らいついてくれたブラックバスちゃんに感謝です。

そして、適切な道具をアドバイス下さったイシグロ釣り店の店員さんに大いに感謝します。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました